2017年07月21日

まずは相談を

 生活相談で多いのが、「生活が大変で税金が払えない」という相談です。
 今回の相談事は、「固定資産税、市県民税、国保税を滞納。市から自宅差し押さえの連絡があり不安。年金生活で他に収入がない。どうしたらいいのか」といものでした。
 一緒に担当課に行き、まずはどのぐらい滞納額があるのか確認し分納することことを含め相談しました。
 相談者は、家族に話すことをためらい一人思い悩んでいる様子。ハードルがあるかもしれませんが、ひとりで悩まず同居家族にも実態を知ってもらうこと。みんなで考えれば解決策は見えてくるもの、気持ちも楽になるのでは。
 7月23日号のしんぶん赤旗日曜版に認知症で障害手帳を取得することで税金や社会保障、公共料金等の負担を減らすことができ、大きな反響を呼んでいるという記事が掲載されていました。
 こうした制度も含め、利用できるのに知らないということが結構多いと思います。市の職員を含め誰かに相談することが解決の第一歩です。お気軽にお声かけください。
posted by のりこ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記