2017年10月08日

9条の会かわにし結成12周年記念講演会

s-IMG_3929.jpg

 「安倍改憲にいかに立ち向かうか」一橋大学名誉教授 渡部治さんのお話を伺いました。
 今年は憲法施行70周年。いろいろなことがありながらも私たちの運動で憲法を維持してきた。だからこそ、自衛隊は海外で武力行使をすることなく今日まで戦争をしない国をつくってきた。ところが、憲法の産みの親が安倍政権によってなくそうとしている。5月3日の読売新聞のインタビューに安倍改憲提言が出ている。そこには、@2020年までに憲法を改正し施行するとはじめて期限を切った。A憲法の本命は9条だと宣言 B9条加憲論を出してきた。C教育無償化とセット。
 総選挙の自民党の重点公約に憲法改正が入りました。日本がアメリカの戦争に協力する、戦争する国へと進めようとしていることが明らかになっています。
 一人でも多くの市民に本質を訴え、安倍改憲を阻む大きな共同をつくっていくことが重要だと改めて、実感しました。
 
 
 
posted by のりこ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記