2017年11月03日

第16回いい歯の日歯むかむカミング健康づくり事業

s-IMG_4105.jpg

 第16回いい歯の日歯むかむカミング健康づくり事業が川西市予防歯科センターで行われ参加しました。
 関西大学人間健康学部教授、日本笑い学会会長の森下伸也戦線より「笑いは百薬の長・ユーモア療法の歴史と現在」と題し講演がありました。
 ユーモア療法(ヒューマンセラピー)は、1964年よりスタート。笑いと治癒力 (岩波現代文庫)ノーマン・カズンズ(ジャーナリスト)が膠原病を患い笑いによって痛みが緩和した経験話をはじめ狂言や浄瑠璃では、笑い方に違いがある等々、ユーモアを交えお話をいただきあっという間の2時間でした。
 「笑う門には福来る」という言葉もありますが、免疫力を高める等笑いの力ってスゴイ!!嫌なことがあってもポジティブに笑いで吹き飛ばしたいと思います。
 
posted by のりこ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記