2018年01月02日

バーゲン

 今年のお正月は、子供夫婦が泊りがけで来ており元旦は家でウダウダ…のんびり過ごしました。
 2日は、子どもたちとバーゲンへ。 レジに並ぶも長蛇の列、お茶を飲もうにもお店にはすぐに入れず並んで待ってやっとこさ。しかし、老若男女問わず、梅田は、どこもかしこも人だらけ(;^ω^)みなさんパワーあるわ〜と感心。
 内祝いにと化学調味料や保存料無添加の茅乃舎のだしを求めグランフロント大阪へ。ここもすごい人でしたが、だしだけでなく、スープやポン酢、ドレッシング等々品揃えにテンションが上がります。
 お嫁さんに誕生日プレゼントは結局、近くのユニクロでダウンコート購入しました。
 正月気分もあっという間、今年も市議選があり忙しくなりそうです。3期目めざしがんばります( `ー´)ノ
 
posted by のりこ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

あけましておめでとうございます

s-IMG_4523.jpg

 新年あけましておめでとうございます。
 さて、昨年10月に行われた総選挙でみなさまには大変お世話になり、心より感謝申し上げます。現有21議席から12議席へと後退し、力不足が原因で結果に結びつけることができませんでしたが、立憲民主党、社民党、市民連合と政策合意を結び選挙をたたかい、共闘勢力全体としては、議席を大きく増やすことができました。引き続き、「野党と市民の共闘で政治を変える」という立場を揺るがずつらぬき、新しい政治の実現へ力をつくします。          
市政に於いては昨年5月1日、現在の市立川西病院の閉鎖し、キセラ川西に公設民営の病院・山下駅前に1次救急の急病センターを建設する「川西市立総合医療センター構想案を市民や職員、議員に何の説明もなく発表・報道されました。
北部で建て替え、3町との連携・協力を進めるとしていたのに、一昨年12月に協和会会長から大塩市長あてに手紙をもらったことを契機に市が、土地を購入し建設費176億円(100%借金)で市立川西病院を建設。管理・運営は全て民間病院に委ねる指定管理者制度を導入すると説明。公設公営で運営している市立川西病院への指定管理者制度の導入は、分限免職する職員の問題、撤退リスクや医師、看護師の確保、急性期病床の減少等、公立病院の使命や地域医療が担保できるのか懸念しています。
構想案はいったん白紙に戻し、交通アクセスの改善、近隣町とも連携し住民合意を図り進めていくべきです。
いま、1市3町の住民の方も立ち上がり、「病院存続、構想案白紙撤回」を求めて運動をされ、12,900筆の署名が市に提出されています。私も皆さんとご一緒に北部での存続を求め、全力でがんばりたいと思います。どうか、みなさんのご支援よろしくお願い致します。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げご挨拶とさせて頂きます。
posted by のりこ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記