2018年02月23日

総括質問

 議員になって初めて会派を代表し以下の通り、総括質問を行いました。
 
1.憲法の精神に立った市政運営に取り組むことについて
(1)憲法9条改憲発言に、地方からも反対の意思を明確に表明することについて
(2)市政は、個人の尊重、幸福追求権を謳う憲法25条、13条に則り、市民一人ひとりの幸福、豊かな生活を追及し保障するものでなくてはなりません。これまで3期の市政運営を振り返って憲法、地方自治制度が果たしてきた役割についての認識及び市政への反映について
(3)「川西市参画と協働のまちづくり条例」に則り、進めることについて
2.社会情勢に対する所感について
 (1)北朝鮮の核・ミサイル問題について
  @対話、外交での平和的解決の方向に踏み出すよう国に対して意見をあげることについて
 (2)核兵器禁止条約について
  @国に対し核兵器条約へのサインを迫ることについて
 (3)地域経済を元気にさせることについて
  @地域経済の状況についての認識について
  A住宅リフォーム助成制度及び商店リニューアル助成制度を創設することについて
  B消費税10%への引き上げ中止を求めることについて
 (4)「働き方改革」について
  @国が進める「働き方改革」の認識について及びやめるよう国に意見をあげることについて
3.新たな魅力の創出に向けて
(1)地域の発展や豊かな暮らしづくりに貢献することができるよう直営を基本にするべきではないでしょうか
(2)事業運営の公共性・透明性を担保し、PFI方式導入は見直しも含めて検証(後年度の支払い、維持管理等)することについて
(3)一極集中のまちづくりで魅力の創出ができるのでしょうか。キセラ川西、中央北地区開発へ莫大な税金を投入してきたことも含め総括するべきではないでしょうか。
(4)新名神高速道路開通に伴う交通量の増加や住環境への影響と対応や監視について
(5)高速道路整備効果を活用して地域住民の生活を豊かにしていくのかについて
(6)新たなまちづくりを行うこと、京都、神戸を視野に入れた住宅団地再生を行うことについて
(7)(仮称)川西市立総合医療センターの整備と指定管理者制度の導入についてやめるべきではないでしょう   か
4.新年度の行財政運営にあたって
(1)業務量の把握及び適切な人員配置を行うことについて
(2)官製ワーキングプアをなくすことについて
(3)医療費無料化を中学校3年生までの子どもの実施することについて
(4)中学校給食のセンター方式は撤回し、自校調理方式で早期に実施することについて
(5)給食の無償化実施を検討することについて
(6)抜本的な待機児童解消について取り組むべきではないでしょうか(認可園を建設しないで小規模園や企業   主導型保育園で待機児童解消、保育の質は担保されるでしょうか。)
(7)税金の使い方の整合性を図ることについて
(8)2号、3号、延長保育料も含め無償化を検討するべきではないでしょうか
(9)こども一人ひとりの発達保障ができる内容にする等、認定こども園の質の担保について
(10)特別支援学校の留守家庭児童育成クラブの早期実施について
(11)「いきいき健康プロジェクト」について
 @高齢者おでかけ促進事業、交通費補助を実施することについて
(12)「まちの魅力向上プロジェクト」について
 @親元近居助成制度は、固定資産税をなくす、賃貸住宅も対象にする等、抜本的に拡大し、世代交代・世代継  承できるようにすることについて
(13)「安全安心」について
 @子どもの貧困対策の検討及び打開へ力を注ぐことについて
 A生活保護の削減方針撤回、中止するよう国に求めることについて
 B相談窓口のさらなる対応の充実、他部署、関連機関と連携強化をすることについて
posted by のりこ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記