2019年02月21日

福祉ネットワーク会議

 多田東地区福祉委員会 第3回福祉ネットワーク会議が開催されました。
 ネットワークメンバーより、様々な状況や課題が出されました。ボランティア活動されている方より、話し相手の依頼が減り、家事支援の要望が多い。PTA役員の方からは、保護者の係活動や見守り活動の参加率が悪い。青パトに乗る係を増やすことを提案してもなかなか前に進まない。1年単位だと限界を感じる。自主防災の方からは、避難訓練の参加者が増えない。同じ顔触れ、固定化しているのでもっと広げたい、小学校長からは、車で来られた場合、入り口が一か所しかないなど災害時避難所としての受け入れに問題があると。多田東小学校区は、風水害の時は、多田東会館は使えず小学校に避難しなければなりません。住んでいる場所によっては、距離もあり特に高齢者のみなっさんは、行くことが大変です。
 65歳以上人口も私が住んでいる鼓が滝3丁目は、31.9%、平野3丁目になると44.4%とかなり高齢化が進んでいます。地域での支え合いがどこまでできるか課題山積です。
posted by のりこ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記