2019年05月10日

消火器

s-IMG_8216.jpg

 鼓ケ丘自治会地内には、公民館を含め十数個の消火器を初期消火に役立てるために配置しています。
 3月に川西北消防署の立ち入り検査が行われた結果、製造年から10年を経過・使用期限切れしていることが判り、取替等の指導がありました。既に取替を予定し予算も承認されていますが、地域に点在している消火器については、全国的にも老朽化した消火器の破損事故が多発していることから、点検や維持管理、初期消火の有効性等総合的に検討した結果、撤去することにしました。消火器の位置を確認するために改めて地域を回りました。で掲示板の下や電柱、個人宅のフェンスといろいろなところに設置されていることが判りました。中には、雑草が伸びて半分隠れている消火器もありました。



posted by のりこ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記