2020年05月21日

独自支援

 先週行われた臨時議会で市の独自支援策について可決されました。検討中のものを含めると35の取り組みが明らかになり、限られた財政の中での支援なので限界があるのも理解するところです。
 (仮称)地域還元型市内事業者支援事業、これは持続化給付金の対象とならない売上減20%〜50%未満の市内事業者に対して1事業者10万円給付するものです。ただ、フリーランスについては、確定申告で雑所得や給与所得の場合、対象外と判断され救われない人が出てきますが残念ながら国と同じ取り扱いとなります。
 福祉事業所等への運営継続支援では、感染症の影響等により事業収入が20%以上減少した事業者、感染者の発生等により休業した事業者を支援。1事業者30万円、市内すべて法人が対象です。
 他にも貧困世帯の子どもを対象に食事支援としてテイクアウトクーポンを3500セット配布や緊急雇用対策として会計年度任用職員を5名の採用などです。他市で行っている例えばコロナの影響で離職を余儀なくされたひとり親家庭の採用については、通常の募集で対応するとのこと。
 少しでもみなさんが安心して暮らせるよう対策の拡充も含め引き続き要望していきます。

posted by のりこ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記