2020年09月02日

参加者名簿提出を求めるのは不当?!

 川西市は、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、公共施設の利用者に参加者名簿を提出することを求めていました。しかし、市民団体のみなさんより感染防止のため主催者において参加者の連絡先を把握しておくことは当面必要だが、参加者名簿そのものを施設側に提出させるのは憲法上の基本的人権、プライバシー権や集会の自由という問題にも関わる権利の侵害、速やかに止めるよう申し出がありました。日本共産党議員団としても市に伝えていました。
 本日、「新型コロナウイルス感染症にかかる貸館業務について」8月31日付の通知が自治会長宛に届いており※施設管理者への提出はしていただく必要はありませんと掲載されていました。
posted by のりこ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月01日

請願

 8月27日より9月議会がスタートしました。
 救急自動車の更新や新型コロナウイルス感染症の影響で中止になったイベントのチケット等を払い戻さず寄付することにより税優遇を受けることができるようにするための条例改正、中学校給食センター整備・運営をPFI事業で行うための契約、約64億4千万円、コロナ感染症対策関連等の補正予算が提出されました。また、国の責任による「20人学級」を展望した少人数学級の前進を求める請願が新日本婦人の会川西支部より出され、日本共産党議員団の吉岡議員と共に紹介議員になりました。9月9日に行われる厚生文教常任委員会に付託され審議が行われます。
 少人数学級等を求める請願は毎年川西市議会より国に提出していますが、コロナ禍の中で「20人学級」は、保護者や教職員から強く求められています。
posted by のりこ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記