2021年01月17日

あれから26年

 阪神淡路大震災から26年を迎えました。日本共産党は、大震災のことを忘れないという思いで26年ずっと毎月17日、川西能勢口駅前アステデッキで宣伝活動を行っています。
 6434人の尊い命が犠牲となり、47万世帯が家屋全半壊となる甚大な被害でした。今年はコロナ禍ということもあり、追悼行事の中止や縮小が相つぎましたが、まちは、これまでと違った形での追悼の祈りに包まれました。震災から26年が経ち経験してない人が年々多く占めるようになりますが、体験を若い世代に伝えまた若い世代が語り継ぐ、震災の記憶を後世に伝えていかなければなりません。今日は、日本共産党市会議員団3人で訴えました。
posted by のりこ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

協力金

IMG_1837.jpg

 私たちが住む兵庫も含め7府県も緊急事態宣言が発出され、飲食店を経営される方より感染拡大防止協力金について相談がありました。市担当者に上記写真の案内をもらったので相談者にお渡ししました。合わせて、伊丹民商さんでも相談に応じてくれるとのことだったので連絡先を伝えました。
posted by のりこ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記