2022年07月26日

補正予算

 臨時議会が行われ、原油価格・物価高騰等への対策、今後の事業進捗に対応するための補正予算の審議が行われました。私が所属する厚生文教常任委員会には、2学期のみですが市立小中特別支援学校の給食費無償化、就学前子育て世帯等への1人1万円のギフトカード支給、福祉、保育事業所・地域子育支援拠点事業所、民間留守家庭児童育成クラブ等への運営支援についての補正予算についてはもちろん賛成の立場で質疑を行いましたが、清和台幼稚園廃園に伴う牧の台みどりこども園への通園支援に関しては問題(以下修正案参照)があります。本日、その部分を削除する修正案を提出し提案理由を述べましたが、残念ながら常任委員会では、反対多数で否決されました。

posted by のりこ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月18日

市政報告

 市政や身近な地域のことなどみなさんにお知らせしています。
 
posted by のりこ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月17日

自治会サポーター等

IMG_5286.jpg

IMG_5282.jpg

IMG_5283.jpg

IMG_5288.jpg

 今朝は、自治会公民館の掃除のの日。自治会役員のなり手がない中、自治会サポーターが大活躍。役員等のフォローをしてくれ、庭の樹木の剪定、除草作業と約2時間取り組んでくれました。また、理事(組長)さんも来てくれ部屋やトイレ掃除をしてくれました。みなさんのご協力で支えられ有難いことです。
posted by のりこ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月15日

多田東手作りマルシェ

IMG_5257.jpg

IMG_5255.jpg

 10日、イズミヤ多田店4階で開催したマルシェを覗きました。手作りのステキな作品いっぱい。今回はピアスを3点購入。次回は8月14日開催予定です。毎回出店者が違うので次はどんな手作り作品に出合えるのか楽しみです。
posted by のりこ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月14日

第3回定例会(臨時議会)

 7月21日〜29日までの9日間、臨時議会が行われます。主な内容は、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創成臨時給付金が交付され、原油価格・物価高騰への対策、今後の事業進捗に対応するための補正予算の審議です。
〇2学期における市立小中特別支援学校給食費無償化
〇就学前子子育て世帯等へのギフトカード支給事業
〇再生エネルギー設備(太陽光パネル・蓄電池)購入支援事業
〇福祉・保育事業所への物価高騰に対する運営支援交付金支給事業
〇清和台幼稚園廃園に伴う牧の台みどりこども園への通園支援 で2億1415万円の追加です。
posted by のりこ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月13日

大雨

IMG_5253.jpg

IMG_5251.jpg

IMG_5248.jpg

 7月9日夜の大雨によって市道49号線(吉田街道)に雨水が流れ込みました。ご近所の方より連絡を頂き早速現地へ。雨は引いていましたが、また浸水するのではないかと心配の声が寄せられました。11日、月曜日に市下水道課職員に事情をはなしたところ直ぐに現場に直行し依頼者宅に訪問、状況説明しこのような大雨が降った際には、即時対応すると。市が迅速に対応してくれ安心しておくと私にもお礼のメールが届きました。
posted by のりこ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月12日

新田小橋の橋げたの丸太

 新田に住む住民の方より以下のとおり連絡がありました。
  先日からの雨と真夜中の雨で、前回なかった流木が橋げたに流れつき横たわっています。本来なら橋げたがなければ下流に流れたものが、橋げたがあるためどんどんたまった行く可能性があります。川西市の橋なので当然市が管理責任があると思いますが、塩川は1級河川の支流なので当然1級河川とみなされ兵庫県の管理や監視をしなければならない川だと思います。写真を送ります。市の担当に、善処をお願いします。
 早速、市に連絡したところ宝塚土木の河川課が担当だと。市より連絡してもらったところ現場を確認し対応すると返事がありました。依頼者よりこの間、舎羅林山に物流センターを建設するため木の伐採が行われている。伐採された木が流れてきているのではないか。洪水が起きないように注視して欲しいとのことでした。
posted by のりこ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月11日

参議院選挙を終えて

IMG_5260.jpg

 今朝は、議員団揃って川西能勢口駅前に立ちました。10日投開票された参議院選挙、兵庫選挙区でお世話になったこむら潤さんは、残念ながら当選には届きませんでした。暑い中、県下を駆け巡り政策を訴えぬき、期待の声が寄せられました。引き続き、公約実現に私たちもがんばります。
posted by のりこ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月10日

こども食堂

 市では、2022年度、子どもの居場所づくりを前提として子ども食堂を開設する団体に対する支援として運営費の一部が補助され新たに7カ所分に要する経費として72万円の予算が計上されています。このような居場所がもっと広がればと思っています。地元ではNPO法人しゃらりん多田東が以下の通り子ども食堂を開催します。

image001.jpg
posted by のりこ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月04日

奨学資金事業廃止へ

 6月議会に川西市奨学資金条例を廃止する条例の制定について提出され、6月24日本会議で日本共産党議員団を代表し以下の通り反対討論を行いましたが、残念ながら賛成多数で可決しました。
 国の制度として大学の学費を半額にし、入学金を廃止するべきです。軍事費を増やすお金があるのなら未来を生きる子どもたちへの予算増やすべきです。

(反対討論)
 本議案は、奨学資金の新規貸付を廃止するため、条例を廃止しようとするもので、市は、長きに渡り行ってきた奨学資金事業を利用者の減少と必要性の低下を理由に廃止しようとしています。
 ご存じのとおり、日本の学費は世界的に見て非常に高く、授業料だけで国立大学でも年間54万円、私立大学になると平均で93万円です。多くの学生がアルバイトや奨学金頼みで家族に頼ることもできない状況です。
 市は、今年度より川西市大学等進学支援金制度を創設し、市独自で採用区分を拡充している点は、評価しています。しかし、日本は、他の先進国にない入学金制度、公立大学で28万円、私立大学で平均25万円の負担が進学の足かせになっている実態があります。
 2022年度、川西市学生募集人数、20人に対し利用学生が5人とニーズが、ないとは言えません。
 市は、利用者の減少や必要性の低下の要因を国の制度との関係が背景にあると分析をされています。しかし、2020年4月からスタートした授業料等減免給付金がセットになった高等教育修学支援制度は、住民非課税世帯とそれに準ずる世帯が対象で成績基準がクリアした学生が学校推薦で選ばれると要件が厳しいものになっています。ところが事情を考慮せず成績を理由に支援を打ち切り問題になりました。
 また、コロナ禍のもと家計やアルバイト収入が減った学生への10万円の学びを継続するための緊急給付金は、修学支援制度の利用学生とアルバイトで学費を賄っている学生など対象は限られ使いにくいものとなっています。
 もっとも利用者が多い「日本学生支援機構」の奨学金は、多くの学生が貸与型有利子を利用しているため利子を含め返還しなければなりません。滞納すると「延滞金が課せられる、ブラックリストへの登録、一括返還が求められる。さらに滞納が続くと裁判所に訴えられる」などのペナルティがあります。一方、市の奨学金は、滞納した場合の延滞金はなく、個別相談にも応じ、福祉的な対応がなされています。
今年度の新規の募集は終わり、川西市奨学資金条例廃止が2023年4月1日施行となっていますが、コロナ禍や物価高騰などの影響等もあることから、学生、その家族がおかれている状況を第一に考え、段階を踏むなど拙速に進めないことを求め、反対討論といたします。
posted by のりこ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記