2017年06月12日

一般質問&請願審査

 6月議会一般質問に19人が質問に立ちます。
 市立川西病院や「学校配置に関する適正化に関する手順」について、何人かの議員が質問することに。
 一般質問1日目は、日本共産党議員団から住田議員が市立川西病院の問題について質問しました。特に指定管理者導入の課題につて議会としてチェックができないことを追及。病院職員が分限免職となり、将来設計に大きく影響される点等も追及しました。職員に関しては、「指定管理者が決定したのち一人一人と協議し、将来の人生設計に関わることなのでしっかり対応したい」と答弁されました。しかし、構想案の説明は一番に説明しなければならない職員が後回しになっているのが実態です。
 
 さて、国の動きのこともあり「共謀罪法案(組織的犯罪処罰法改正案)の廃案 を求める意見書」の採択を求める請願書を付託先の総務生活常任委員会で審査がありました。
 議会改革の一つとして請願者が趣旨説明できることになり、本日第1号、請願者がおおよそ5分という短い時間ですがご自分の願意を総務生活常任委員会の委員に伝えました。しかし、残念ながら請願に賛成は、日本共産党議員団と自治市民クラブの委員2名のみ、結果不採択になり何とも言えない思いです。

posted by のりこ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180080715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック