2018年05月30日

土砂災害

 私の所属する鼓ケ丘自治会内に土砂災害による被害を受ける恐れがある土砂災害警戒区域が2か所あり、県土木事務所等の職員が来られ説明を受けました。土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定するか否かの調査をこれまで航空写真を用いた調査に加え精度を高めるため、合わせて現地調査を実施することに。その依頼がありました。
s-IMG_6143.jpg
 

s-IMG_6146.jpg

 レッド区域に指定されたとしても、手立てがあるわけでなく、かと言って家を売る、あるいは引っ越すことも難しいのが現実です。対策をすればレッド指定は取り消してもらえるそうですが、県の急傾斜地対策事業も市内全域で年に1〜2か所の実施。これでは100年(^^;気の長い話です。
posted by のりこ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183379669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック