2018年08月07日

悪質商法にご注意を

 先月、市の依頼で一般住宅のブロック塀点検を促す啓発ビラを自治会員に回覧しました。すると会員の方より「不当請求が予想されるので注意を呼び掛けてください」と依頼がありました。そこで、災害に便乗した悪質な商法に注意するよう以下の内容の啓発ビラを回覧することにしました。

1.ブロック塀等、「点検させて欲しい」とやってくる訪問業者には対応しない。
たとえ無料だからといって、業者の言うままに点検を承諾してしまうと、その後の契約を断ることが難しくなります。訪問業者には、まず点検をさせないことが重要です。

2.修理工事等の契約は慎重にすること。「早く工事しないと大変なことになる」等、不安をあおって契約を急がせたり、工事内容について あまり説明せずに工事をして高額な請求をしたりする事例があります。勧誘されてもその場ですぐに頼まず、工事の内容や費用についてよく確認してください。家族に相談したり、複数の業者から見積もりを取るなどして、十分に検討することが必要です。

3.トラブルにあったら、すぐに消費生活センター等に相談すること。
トラブルにあったら、一人で悩まずに、すぐに消費生活センター等に相談しましょう。
posted by のりこ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184139091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック