2018年12月04日

一般質問

 新議会になって初の一般質問は、公約に掲げた政策を3人の議員団で分担して行いました。
 私は、大型ごみ収集を無料に戻すことを中心に質しました。
 大型ごみ有料化の目的は、他市町からの流入防止、負担の公平性、ごみ減量の3点です。大型ごみは数字の上では、大きく減量しているものの国崎クリーンセンターへの持ち込みや市道への不法投棄も増えています。また、ごみを出したくても経済的な負担もあり出せないという人も数多くおられます。
 公平性についても車がければ直接持ち込みはできません。折ったり、曲げたり、割ったりし40cm未満にできれば無料、できなければ有料。傘等、まとめて10本まで300円ですが、一人暮らしの方などはまとめて出すことができません。他にも集合住宅に住んでいれば、戸別収集のサービスはありません…と各々の事情によって新たな課題も浮き彫りになりました。ごみ減量は、市民に負担を強いて減量するのではなく、市民のみなさんの協力で実現するべきだと考えます。今後さらに高齢化が進む中で、ごみの排出が困難な人がさらに増えることからも大型ごみ有料収集は元の無料に戻すことが必要です。
posted by のりこ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185185804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック