2019年05月15日

視察

 
s-IMG_8222.jpg
 総務生活常任委員会の視察先、香川県三豊市へ日帰りで行ってきました。今回の視察は、日本初と言われるトンネルコンポスト化方式のバイオマス資源化センターへ。コンポスト方式は、意外とシンプルな仕組みで燃やせるごみの減量、CO2削減、再資源化と効果が大きく、市民にとっても従来通り、ごみの分別ルールを守って出すので余分な負担もなく減量できるメリットがあります。一方、ごみそのものを減量する意識向上という点からは、後退するのではないかと危惧する点も。生ごみ処理機の購入補助もされていますが、可燃ごみに出せば固形燃料原料になることから自ら減量することへの影響がないか。また、固形燃料を石炭の代替えとして製紙工場に1kg3円で販売しているとのですが、今後も継続するには一定量のごみ量を確保する必要があるのでごみ減量と逆行しないのでしょうか。当日、質問する時間がなかったので感想と共にいくつか質問を提出します。
s-IMG_8218.jpg

s-IMG_8217.jpg
posted by のりこ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186030466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック