2021年01月17日

あれから26年

 阪神淡路大震災から26年を迎えました。日本共産党は、大震災のことを忘れないという思いで26年ずっと毎月17日、川西能勢口駅前アステデッキで宣伝活動を行っています。
 6434人の尊い命が犠牲となり、47万世帯が家屋全半壊となる甚大な被害でした。今年はコロナ禍ということもあり、追悼行事の中止や縮小が相つぎましたが、まちは、これまでと違った形での追悼の祈りに包まれました。震災から26年が経ち経験してない人が年々多く占めるようになりますが、体験を若い世代に伝えまた若い世代が語り継ぐ、震災の記憶を後世に伝えていかなければなりません。今日は、日本共産党市会議員団3人で訴えました。
posted by のりこ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188319319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック