2022年06月14日

継続審査

 黒川小学校保存に関する請願書が総務生活常任委員会に付託され審議されました。日本共産党議員団は、請願者の趣旨に賛同し紹介議員になりました。
 市は、指定管理者を募集し黒川小学校と建設予定の黒川里山センター(仮)の維持管理運営を任せる考えです。
 黒川小学校の北棟は、県の景観形成重要建造物にも指定されていることから保存することが決まっています。南棟も戦後初期に建設された貴重な木造校舎ですが、指定管理者である民間事業者の提案によっては、解体される可能性があります。請願者はそのことを大変危惧されています。しかし、「今すぐ結論を出すのではなく、指定管理者の提案を確認してからでもよいのでは」というような意見もあり、残念ながら継続審査となりました。
 解体が含まれた提案が選定されれば後から覆すのは難しいと思われます。請願者の願意に応え、最初から南棟を残すことを前提に提案してもらうべきだと思います。
 
posted by のりこ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189605681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック