2022年08月10日

臨時総会

 現在自治会では、自治会所有の土地を市に帰属(処分)するのに会則変更しなければならず、臨時総会を書面表決で行っています。
 自治会所有の土地がある場所は、急こう配ということもあり上流の雨水排水流域の雨水排水がすべて当該地へ流入し以前から何度も私有地が浸水する被害が発生していました。
そこで、平成19年1月31日付、上池跡地の開発が計画された場合は、自治会所有地と開発道路を結び公道とする目的で当時の土地所有者・関係隣地所有者の相違で筆界確定が行われ、個人等の所有地を自治会へ無償提供され、新たに自治会名義の土地が分筆登記され現在に至っています。
開発工事が行われる前に現在の土地所有者の土地と自治会所有地を道路部分になる土地について分筆登記を行い、道路部分の土地と上記土地所有者の土地を等価交換し、道路部分の土地を自治会所有地とし自治会から市へ帰属します。帰属後は市管理の避難道路となることから災害が発生した場合の避難通路として利用することになり、住民の安全確保に繋がると考えます。また、救急車等の緊急車両も侵入することができます。





posted by のりこ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月09日

2022年08月08日

子ども会議

 自治会では、子ども祭りの準備が進められています。まずは、みんなで集まれる日の日程調整。その後、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい等、来てくれる年齢層を想定しながらやりたいことを出し合い次に何を揃えたらいいのか準備物の確認と子ども会議が進みます。役員のお一人が池田市の先生と言うこともあり、子どもの思いをうまく引き出してくれます。
 9月18日・雨天の場合は19日敬老の日、夕方5時から8時頃まで。自治会が借りているふれあい広場で開催します。
posted by のりこ at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月07日

しゃらりん大学

IMG_5452.jpg

 しゃらりん大学がイズミヤ4階のしゃらりんプラザで開催されました。お題は、「プラスチックの本当の話」、講師はお馴染みの本間和男さん。
 150年と歴史の浅いプラスチック。ダイオキシン問題で悪者扱いされた塩化ビニルはプラの中でも優れていると。私たちはプラスチックと一括りにしていますが、ペットボトル、ポリ袋等、種類によって作り方が違うそうです。発祥地が東大阪市、八尾市、生野区や関東では大田区だそうで在日韓国人と深いかかわりがあると。ペットボトルは衣類にリサイクル?いえいえ燃やしています。二酸化炭素を出すので燃やす以外を考えましょう。プラスチックを削減するのではなく、使い捨てや使用を減らしましょう。海峡プラのことが声高に報道されていますが、私たちが使っている歯磨き粉や化粧品にはマイクロプラスチックが含まれています。プラスチック問題は、私たち自身にも関わる地球温暖化を含む環境問題です。便利で生活の必需品になっているからこそ意識改革が必要だと実感しました。
posted by のりこ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月06日

ポスター

IMG_5448.jpg

 ご近所の方に勇気を出して「ポスターを貼らしてくれませんか?」と頼んだところ、目立つようにと早速植木の剪定をしてくれました。有難いことで思わずその姿を撮りました。
posted by のりこ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月05日

交通空白地

IMG_5439.jpg

IMG_5435.jpg

IMG_5442.jpg

 今朝は、平野駅へ。曇っていたのでジリジリした暑さがなく助かりました。早速、納品されたばかりの新しいビラ、アンケート調査の結果や6月議会、7月臨時議会のことを載せた報告ビラを配布しました。
 さて、私が所属する鼓ケ丘自治会に川西市より、(仮称)川西市公共交通計画の策定に係るアンケートの協力依頼がありました。交通空白地(駅から800m離れた地域)と言われている(写真:黄色の部分)地域のみなさんに直接話を伺いました。対象地域にお住いのみなさんの共通の課題は、駅からの距離ではなく、高低差がキツイということです。若い時は平気だった坂道も年齢と共に辛くなる。生協等を利用してるのでスーパーまで買い物に行かない。出かける時は、タクシーを利用したり子どもに車で連れて行ってもらう。1日1回でもコミュニティバスが運行されると嬉しい等の声がありました。また、池田市との境といこともあり県をまたぐけれど広域連携や伏尾ゴルフのバスの共同利用など官民連携できないのか。駅前の民間駐車場の一部をタクシーの待機場所にして欲しいと様々な意見を聞かせて頂きました。私も今は自家用車中心で動いていますが、他人ごとではないと実感。「いくつになっても住み続けることができるまち」にすためにもに待ったなしの課題です。
posted by のりこ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記