2017年11月18日

文化祭

  
s-IMG_4204.jpg


 多田東コミュティの文化祭が開催されました。
 午前中は、子ども育成委員会主催のポコ・ア・ポコさんの人形劇、午後からは人気の妖怪ウォッチ「空とぶくじらとダブル世界だニァン!」を上映。たくさんの子どもたちが集まりました。

〇同窓会
 
s-IMG_4235.jpg
 高校時代の同窓会が行われ出席しました。
 担任の先生が還暦を迎えられお祝いも。写真で見る限り誰が先生だかわからないぐら年の差を感じませんね(^^;

posted by のりこ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月17日

議会運営委員会

 12月議会が今月27日〜12月25日の予定でスタートします。本日、議案説明があり、改選後初めての定例市議会となります。
 一般質問は、12月4日〜6日。常任委員会は、7日、8日、11日に行われます。
 
 11月29日(水)10:30〜12:00 パレットかわにしで川西市 市民活動センター 男女共同参画センター主催で まちと、くらしと、「市議会」と。と題し市議会のことを学ぶ講座が開催されます。「市議会」をのぞいてみるでは、6日の一般質問を視察します。

夕方、川西能勢口駅前で署名・宣伝活動をおこないました。
s-IMG_4205.jpg
 
posted by のりこ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月16日

署名のお願い

 久しぶりに地域で「安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名」活動を行いました。
 全国で3000万人以上集めます。川西市でいうと4万人以上集めなければなりません。
 お声掛けしたみなさん、「戦争は絶対ダメ」だと言いながら快く署名に協力してくれました。
 カラフルな宣伝グッズも購入したことだしがんばります。

 
posted by のりこ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月15日

担い手

 そろそろ来年度に向け自治会の次期役員をどうするのか考えなければなりません。
 定年後も年金が全額支給されず地域でも60歳になっても働く人が多くなっています。子育てが終わりひと段落が付いたのもつかの間、次は親の介護…役員を引き受ける時間も気持ちの余裕もないという声も聞こえてきます。
 自治会によっては、順番にやっているところや長年同じ人が自治会長をしているところ、選考委員会を立ち上げそこで検討し選出をしているところ等々、いろいろなやり方をされています。
 昨年も何人かの人に直接声を掛けましたが、いいお返事はいただけませんでした。さて、どうするべきか(;^ω^)
 
posted by のりこ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月14日

また、事故

  新名神高速道路の建設現場(猪名川町つつじが丘)で1トンの鋼材が落下する事故が発生、男性作業員の足に落下し、足首を骨折する重傷を負ったと報道されていました。
 これで何度目の事故!!再発防止への対応はどうなっているのか、なぜ何度も繰り返すのかと疑問です。
 来月10日に新名神高速道路 高槻ジャンクション・インターチェンジ〜川西インターまでの間(延長26.2km)が、開通するとのことですが、これだけ繰り返し事故が発生し喜ぶことができません。
 徹底した原因究明と再発防止に全力を注ぐべきではないでしょうか。
posted by のりこ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月13日

市民意識調査

  川西市議会では、本年4月に「議会基本条例」を制定しました。
  この中で、議会として、市民の皆さんから、広く様々なご意見やご提案をいただき、これを政策提案などに反映していくために、「議会報告会・意見交換会」、「パブリックコメント」や「アンケート調査」を行うこととしています。これらの方法をどのように実施していけば効果的なのか、まずは、市民の皆さんがどのように思われているのかをお聞かせいただきたいと考え、議員が各々10名より聞き取りを行うことになりました。
 今回、身近な人からコミュニティ、自治会役員の方にもご協力いただきました。
 議会報告会・意見交換会について
 より多くの市民に参加してもらうには、報告するだけではなく、積極的に要望を含め意見交換を行いそのうえで、政策提案等に反映させる仕組みをつくる。こうした条例の目的を果たすことが理想ではあるが、実際には、内容によっては予備知識がないと意見が出しづらい。よく知っている市民が先行し意見を述べることで気後れし自分の意見が出しにくくなることも考えられる。そのようなことがないよう、意見を出しやすい環境(雰囲気)づくり、参加しやすい場所や時間設定の工夫が必要。また、出された意見等をどう取り扱うのか、考え方の違いがあるだけに議員間協議は、十分に行うこと。必ず市民に返すこと。情報公開することで市民と議会の信頼関係を築き深め、さらに継続して行えるようその都度振り返り次に活かしていく努力が必要。関心の高い市民や属性の偏りがないよう、無関心層等を常に意識し働きかけをすること重要だと感じました。
 
 今後、全議員の聞き取り調査の結果を集約し具体化していきます。
posted by のりこ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記